認知症に備え円滑な資金承継を実現する家族信託

更新日:2021年8月5日

2021/7/18(日) 第59回新都心セミナー  終了いたしました 


■セミナー内容■


2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になると予測されています。認知症と診断されると、自分の資産であっても自由に処分できなくなります。遺言書は生きている間は役に立ちません。

あらかじめ資産の使い方や相続について決めておく“家族信託”が注目されています。

認知症になった後も自分の生活を守り、自分の意思で次世代に資産をわたすために、家族信託の利用法を学びましょう。

 

日時:2021年7月18日(日) 13:30~15:00

会場:With youさいたま4階 視聴覚室

(ホテルブリランテ武蔵野)

 

講師 : 田代美由紀(たしろみゆき)

FPミモザ・IFP インティグリティファイナンシャルパートナー代表

AFP・プライベートバンカー・家族信託コーディネーター


プロフィール

国内⼤⼿銀⾏、信託銀⾏を経てFP として独⽴ 。

2015 年 FPミモザ 設⽴。

2017 年 法⼈専⾨アドバイス事務所として 銀座に IFP インティグリティファイナンシャル パートナー設⽴ 。


ポリシー 「お客様の夢の実現のお⼿伝い」をモットーに、 基本のライフプランをもとにあらゆる知識、 情報を活⽤し、⻑期にわたる信頼関係を 築いていきます。



■ご参加希望のは下のボタンより無料チケットをお申し込みください

主催者連絡先:048-859-7810


閲覧数:40回0件のコメント